悩み解決には漢方薬局で相談!

頼れる専門店は気になる症状を改善してくれる強い味方

HOME » 漢方薬の効能 » 婦人科系疾患

婦人科系疾患

「痔」「生理不順」「生理痛」に効く漢方は

痔を切らずに治したい場合には、漢方がとても向いているそうです。
軟膏や座薬などの西洋薬は、その時の痛みやハレを一時的に抑えるためのものであるのに対し、漢方治療では血流を改善して再発しないような方法を目指すそうです。
乙字湯」「桂枝茯苓丸」などの漢方薬や、出血がある場合は「田七人参」を加えたものが使用されているようです。
生理痛によく用いられる漢方薬は「芎帰調血飲第一加減」や「加味逍遥散合四物湯」です。

生理痛は体の冷えがあると激しくなるので、冷え性を調える「温経湯」「五積散」などの漢方薬も有効なのだそう。
生理不順に効く漢方はたくさんあり、気や血を作ったり血の巡りを良くする方法などで調えていくそうです。
胃腸が弱く疲れやすいタイプには「帰脾湯」「香砂六君子湯」「補中益気湯」、冷え性で顔色が悪く、乾燥肌タイプの人は「十全大補湯加味」が良いそうです。

「子宮筋腫」「子宮内膜症」を改善するには

子宮筋腫は、子宮内にできる良性の腫瘍です。
腫瘍があまりに大きくなってしまっている場合は手術をしないと完治できない場合がありますが、ある程度のサイズのものであれば、漢方薬で充分に対応できるそうです。
体力があることが条件ですが、「桂枝茯苓丸」が有名です。

子宮内膜症は、わかりやすくいうと月経が子宮の外でおこる病気です。子宮内膜症になると、強い月経痛だけでなく不妊症や卵巣ガンになる可能性がでてくるため早期治療が必要になるそうです。
漢方では、改善の補助的な役割として「当帰芍薬散」「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」「桂枝茯苓丸」が用いられます。「桂枝茯苓丸」は特に、症状だけでなく子宮内膜症そのものを調えたり、ホルモン剤との併用で副作用軽減効果も期待できるといわれ、子宮筋腫とともに、重要視されている漢方薬なのだそうです。

「子宮ガン」「乳ガン」改善に効果はある?

女性特有の病気である「子宮ガン」「乳ガン」治療にも漢方は役立つのでしょうか?
ガンに対して漢方薬は、主に補助療法として「免疫力の維持」「副作用の軽減」を目的として使用されます。

一般的に、補剤として処方されている漢方薬は、「十全大補湯」「補中益気湯」で、体質にもよりますが改善が期待できるようです。
桂枝茯苓丸」「当帰芍薬散」も、ホルモン剤との相互作用を考慮しながら使用されることがあります。いずれにせよ、主治医の先生に補剤の相談をしていくことが大切といえます。

 
ページの先頭へ
HOME » 漢方薬の効能 » 婦人科系疾患
悩み解決には漢方薬局で相談!